2021年2月23日

スイフトスポーツ(ZC33S) を買うまでの記録(1)2020年12月

スズキ スイフトスポーツ(ZC33S)6MT セーフティーパッケージなし を買うまでの記録です。

2020年12月

2020年12月14日:試乗・購入申込みにディーラー訪問

最初からスイフトスポーツの購入を申し込むつもりでディーラーに行き、
試乗(6AT)して、営業さんから見積もりを出してもらい、価格交渉してそのまま購入申込みに至りました。

家を出る前にディーラーに電話でスイフトスポーツの購入を検討しているので、試乗と見積もりをお願いしたい旨と、来店時間を伝えました。

伝えていた来店時間ちょうどくらいにお店に到着し、駐車していると店員の方が車の側まで出迎えに来られました。

お店の入り口付近に白いスイフトスポーツ(6AT)がスタンバイされているのが見えました。

まずお店に入って、試乗申込み用紙に記入と免許証の提示、試乗車の保険の説明(対人対物のみ対象。車両保険はないので安全運転でお願いします、と説明された)、試乗コースの説明を受けました。

「ご試乗は営業が隣に乗らせていただくか、お一人でゆっくりとされるかどうされますか?」
と聞かれましたが、「どちらでもいいです。」と答えたところ、店員さんはちょっと困られていました(笑)。
試乗は一人ですることにしました。

試乗(6AT)した感想

特に車の機能などの説明をされることもなく、いきなり乗車して出発でした(笑)
「こんなんでいいのかな?」と思いつつ、Dレンジに入れて発進。
ディーラー前の国道に出るため、一時停止でブレーキを踏むと噂に聞いていた「カックンブレーキ」を実感。
まあ、普段乗っている車(ホンダ ライフJB5)のブレーキがマイルドなだけかもしれませんが。

試乗コースはほぼ、以前に通勤で使っていた道路だったので運転に集中できました。
人生初試乗の緊張でよく覚えていませんが、加速感とカッチリ感を実感しました。

試乗コースを2周してお店に戻ると、電話でアポをとったときの営業さんが待っておられました。
店内でオプションカタログを見ながら仕様を決めていき、見積もりを作成してもらいました。

セーフティーパッケージなし

車両本体について、私は「セーフティーパッケージなし」という、少数派であろう仕様を希望したのですが、特にセーフティーパッケージ”あり”を勧められることもなく話が進んでいったので拍子抜けしました(笑)。

値引き交渉

ネットで下調べしてもそれほどバラツキもなさそうだったので、想定している値引き額だったらそれでOKにしよう考えていました。営業さんもスイフトスポーツという商品性から、値引きは限られているという話をされていました。

まず希望の仕様で定価の見積もりをだしてもらいました。

見積もり額:¥2,353,128
値引き後:¥2,200,000(値引き額:約¥153,128)

ちょっと少ないかなー、でもオプションもあまり付けていないしな、、、。
と思いながらももう少しお願いすると、

この値引き後価格で、ナビをアップグレードした見積もりを出してもらえました。

スタンダードワイドナビ(パナソニック):¥123,805

スタンダードプラス8インチナビ(パナソニック):¥165,605


見積もり額:¥2,414,838
値引き後:2,200,000(値引き額:¥214,838)

最後にもう決めるのでいくらかいけますか?と聞いたところ、
¥10,000値引きしてもらえました。

最終的な見積額・値引き額

見積額:¥2,190,000(値引き額:¥224,838)

となりました。
(※後日、注文書訂正のため見積額:¥2,175,920(値引き額:¥218,238)となります)

購入申込み書に印を押し、購入意思を示しました。
次月の1月頭に申込金(¥190,000)を支払って正式に契約となります。

納車は3月を希望した

冬の最中に納車されてもいきなりスタッドレスタイヤ&ホイールを買わなくてはいけないし、慣れないMT車を積雪・凍結路で走らせるのも不安がありましたので、3月の納車をお願いしました。
「セーフティーパッケージなし」の場合、受注生産とのことで、1月に発注してからだと頃合いも良いのかも知れません。

週末にディーラー間の試乗車入替で6MTが来るとのことだったので、試乗させてもらうことになりました。

帰るときにノベルティのティッシュボックスをもらいました。

2020年12月19日:6MT試乗にディーラー訪問

最初のディーラー訪問時は試乗車が6ATしかなかったので、この日に6MTに試乗させてもらいました。

15年ぶりのMT車運転がいきなり試乗車とは。

事前にYouTubeにあるMT車の運転の仕方を解説してくださっている動画をいくつか見て、イメージトレーニングしてから行きました。

試乗は営業さんに同乗してもらい、ペダルの深さやクラッチミートの確認をさせてもらって(というか教えてもらって)から出発しました。

発進ですが、1,500rpmくらいで発進かな?と思ってアクセル踏むんですが、ぜんぜん針が上がらず、上がったと思ったら2,000rpm付近まで上がってしまい、1,500rpm付近でのキープはできませんでした。。。私が慣れていないだけ?

ディーラー敷地内の発進はうまくいきましたが、いざ国道に出ようと発進したときにいきなりエンストしてしまいました(笑)
事前情報ではスイフトスポーツのMTはとても易しいと聞いていたのですが、私のクラッチワークがよっぽどだったんでしょうねぇ。。。

それ以降はエンストすることなく運転できました。
YouTubeでのイメトレどおりのMT操作ができ、YouTube動画すごい!と思いました。

そういえば6AT試乗時に気になったカックンブレーキについては感じませんでした。MT操作に意識が集中していたのかもしれませんが。

この日は試乗だけして終わりでした。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ一覧

© 2021 びわ湖のほとりの人 All Rights Reserved.