2021年7月15日

スイフトスポーツにハンドルカバーを装着

スイフト・スポーツZC33Sのハンドルにカバーを装着しました。

スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ

スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ
スイフトスポーツのハンドルはDシェイプになっています。このハンドルカバーもDシェイプ対応品です。

スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ(アップ)
スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ
スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ(内側)

色や素材がハンドルと同じ系統なので、他の人には気付いてもらえないかもしれません。

before

スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ(ハンドルカバー取り付け前)

after

スパルコ・コルサSparcoCorsa スエードステアリングホイールカバー SPC1118BKJ-S フラットボトムタイプ(ハンドルカバー取り付け後)

取り付け後の使用感

かなり太くなる印象で、最初は違和感ありましたが、すぐに慣れました。
ハンドルカバーを装着した後は、ハンドルを手で「握る」よりも「添える」という感じになりました。
グローブを装着してハンドルを握る感覚でしょうか。(グローブを着けて運転したことはありませんが。。。)

ハンドルカバー装着時、ハンドル下部のピアノブラック部分に傷をつけてしまった

スイフトスポーツのハンドルの下部はピアノブラックのパーツになっています。
今回ハンドルカバーを装着しようと思った理由の一つに、手垢で汚れたり、傷が付きやすいこのピアノブラックをハンドルカバーで覆ってしまおう、というものがありました。

ところが、ハンドルカバーをグリグリしながら取り付けていたら、カバーの縁でこすってしまったようで傷がついてしまいましたorz

ピアノブラック部分にマスキングテープで養生してから作業すればよかったです。。。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ一覧

© 2021 びわ湖のほとりの人 All Rights Reserved.