2021年11月16日

スイフトスポーツにナンバープレートフレームを装着

スイフトスポーツZC33Sにナンバープレートフレームを装着しました。
車の購入時はフレームを着けていなかったのでむき出しでした。

星光産業 EX-189

¥753(税込)
星光産業 EXEA(エクセア) ナンバーフレームセット カーボン EX-189

フロントバンパーのカーボン調に合わせたデザイン

ナンバープレートはカーボン調のパーツ部分に取り付けられています。
このカーボン調と同じ柄のナンバープレートフレームです。

before

フロント
スズキ スイフトスポーツ ZC33S オレンジ ナンバープレートフレーム装着前

リア
スズキ スイフトスポーツ ZC33S オレンジ 納車(リア)

after

フロント
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(after)
リア
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(リアafter)

バンパーの柄とかなり近く、いや、ほぼ同じで違和感が全くありません。
フロントのアップ
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(フロントアップ)
リアのアップ
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(リアアップ)

取り付け

道具

・スパナ
・クッション両面テープ

フロント

フロントはボルトを外してナンバープレートもごっそり外してしまいます。フレームを組み込んで、ボルトを再度取り付け。
しかし、このボルトが厄介で、、、

ナンバープレート取り付けボルトが回らない

プラスドライバーで回すと、左側のボルトは何とか回せましたが、右側のボルトがびくともしません。
力を込めると、、、なんとナメてしまいました\(^o^)/オワタ

こんなに回らないのは何かかオカシイぞ。。。

と工具セットを見直すと、スパナを発見。
スパナサイズ10
スパナ10
それなりに固いですが、あっさりと回りました。

リア

リアは封印されていないボルトを片方だけ外し、ナンバープレートフレームは引っ掛けるだけ。
固定は付属の透明なクリップを下側2箇所に装着。
リアのナンバープレートフレームは透明クリップで固定
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(リア)

ただ、これだけだとプレートとフレームにかなり遊びがあり、カタカタ鳴ります。

そこで、以前ダイソーで買ったクッションの両面テープをカットし、フレームの上部2階所に貼り付けて遊びのすき間を埋めました。
隙間を埋めるのに使用したダイソーの両面テープ
これで、カタカタならないようになりました。

ナメてしまったフロントのボルトを交換

フロントのナンバープレート固定ボルトが、プラスドライバーで無理やりまわしたため無残なことになってしまいました。
ホームセンターに走り、『M6 長さ15mm ピッチ1.0mm』規格の六角ボルトを購入。
ボルトM6×15mm ピッチ1.0 スパナサイズ10↑左がナメてしまったボルト。右が購入したステンレス製ボルトで、プラスドライバーの溝はありません。
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(フロント)
ZC33Sにナンバープレートフレーム装着(ボルトをステンレス製に交換)
予定外のプチドレスアップになりました。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ一覧

© 2021 びわ湖のほとりの人 All Rights Reserved.